イタリアで活躍したグラフィックデザイナーの仕事, 地元佐倉の町興し活動 & オリジナルデザインアートハンガー, Hangin'

新町再生

城下町ヘッダ2

佐倉市新町通り(旧城下町通り)は、かつては佐倉銀座とも呼ばれ戦前には映画館2軒をはじめ、飲食店、書店、写真館、行政やインフラの重要な施設が建ち並ぶ地域随一の目抜き通りでしたが、世代交替が進むにつれ、家業をたたみ他の地へと移転するものも少なくなく、2010年にはスーパーマーケットも取り壊され、今では、空き家も目立ち人通りもまばらな、いわゆるシャッター通りとなりつつあります。
新町通り1
現在の新町通りの様子
新町通り2
今も健在の老舗もあります。

お茶、和菓子、呉服、陶器などを商う老舗は今でも健在で、そのほか昔の面影を残す日本式家屋や土蔵もありますが、中には長年手を入れられなかった為に荒廃、倒壊のおそれのあるものまであります。
新町3
古い土蔵/ギャラリーの隣も更地に...

NPO法人一里塚/NPO法人セカンドライフ(いずれも代表山倉氏)は、旧駿河屋(呉服屋),の日本式家屋に居を構え、史跡を求めて散策に訪れる人たちに情報を提供しながら、地元を中心に様々な分野で活躍する才能を支援、城下町の新たな価値創造を模索しながら、町おこし運動を進めています。
一里塚の写真
一里塚

ミオ薬局
まちかどギャラリーゆかりっぷ(旧ミオ薬局)

DesignVIS projectは、2010年11月、佐倉時代祭の協賛イベントとして開催されたアートイベント、さくらーとへの参加を期に一里塚/セカンドライフの活動に共感し、旧城下町の再生に寄与する活動を開始いたしました。
その第一弾として同じく新町通り、法人事務所向かいに位置する、まちかどギャラリーゆかりっぷ(旧ミオ薬局)にて作品を展示、歴史深い通りに新しい人の流れを作るための試みをはじめました。

発表

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional